顔脱毛するのにデメリットってあるの?

顔脱毛は自分で行うことも出来ますが自己処理の場合は傷跡が残ってしまったり化膿して悪化することがあるので、できれば専門のサロンで行う方が好ましいのです。しかし専門のサロンでも問題が無い訳ではありません。実際の施術では顔脱毛であっても全てを脱毛してくれるのではなく一部の箇所に限られていることもあります。またレーザー等を使った顔脱毛にもデメリットがあります。その理由はメラニンに反応する光で毛根を焼くことで脱毛するという原理にあります。レーザー等による影響は表面には表れなくても肌の奥では炎症を引き起こしています。

 

ですから肌の弱い人には刺激が強すぎる場合もあるということを考慮しなければいけません。またレーザー等を使った脱毛は肌の黒色にも反応するため火傷を負うリスクがありますので、専門のクリニック等できちんとカウンセリングを受けてから施術を行うことが必要です。逆にメラニンが薄い産毛には反応しにくいため上手く処理できないというデメリットもあります。

 

 

その場合は大抵レーザー等の出力を上げて対処しますが、出力を上げるとその分火傷のリスクも高まります。どうしても産毛まで顔脱毛したい人はよく相談してから行うか、もしくはシェービング処理を行う方がリスクは低く済みます。また完全に脱毛を完了するまでにはそれなりの期間を通わなければいけない場合もありますので、金銭面に於いても仕上がりに後悔することがないようにしなければいけません。