顔脱毛後のメイク方法はどんな風に変化があるの?

顔脱毛すると、飛躍的にメイクののりがよくなります。そのため芸能人やモデルなどは微細な産毛まで綺麗に脱毛しているものなのです。産毛やムダ毛が脱毛によってなくなると、化粧下地やリキッドファンデーションが毛穴の凸凹を綺麗に埋め、表皮がなめらかになり、まるで陶器の様な肌を作り上げることが可能になります。
毛穴が一切目立たなくなるので、キメの細かい肌美人にみえるようになるのです。顔脱毛をピンセットなどで行うと、肌や毛穴に負荷がかかり、非常に毛穴が大きく開き目立つようになるのです。そのためピンセットでの顔脱毛の後は収れん性の高い化粧水でお手入れすることが大事なのです。収れん性の高い化粧水は開いた毛穴を閉じさせ、肌のキメを整えてくれます。

 

また脱毛テープでの顔脱毛もできますが、テープを思いっきり剥がすことで赤い炎症が顔にできやすくなります。こうした場合は、冷たいタオルを顔に当て炎症を沈静化させ、その後肌に優しい化粧水、クリームで優しく肌を保護してあげることが大事です。

 

こうした毛穴の開き、炎症を極力抑えた脱毛をしたい場合は、脱毛クリームなどを用いると良いでしょう。自宅でできる脱毛の中で、最もダメージが少ない方法だと言えるのです。しかし予算に余裕があるのならば、顔脱毛はプロの手に委ねたほうが良いでしょう。エステティックサロンでは光脱毛といって、光を照射するだけで一週間以内にムダ毛が抜け落ちる施術があるのです。肌ダメージもほとんどなく、メイクも綺麗にのるので、非常にお勧めなのです。